Japanese / English / Chinese (中文繁體) / Korean

カレンダー

2019年12月
S M T W T F S
       
1

2019.12.1(S)の開催予定

展示施設貸与事業

墨華会展

2 3 4 5

2019.12.5(T)の開催予定

収蔵品展

北斎づくし 富士から漫画まで

6

2019.12.6(F)の開催予定

収蔵品展

北斎づくし 富士から漫画まで

7

2019.12.7(S)の開催予定

収蔵品展

北斎づくし 富士から漫画まで

8

2019.12.8(S)の開催予定

収蔵品展

北斎づくし 富士から漫画まで

9 10

2019.12.10(T)の開催予定

収蔵品展

北斎づくし 富士から漫画まで

11

2019.12.11(W)の開催予定

収蔵品展

北斎づくし 富士から漫画まで

12

2019.12.12(T)の開催予定

収蔵品展

北斎づくし 富士から漫画まで

13

2019.12.13(F)の開催予定

収蔵品展

北斎づくし 富士から漫画まで

14

2019.12.14(S)の開催予定

収蔵品展

北斎づくし 富士から漫画まで

15

2019.12.15(S)の開催予定

収蔵品展

北斎づくし 富士から漫画まで

16 17

2019.12.17(T)の開催予定

収蔵品展

北斎づくし 富士から漫画まで

18

2019.12.18(W)の開催予定

収蔵品展

北斎づくし 富士から漫画まで

19

2019.12.19(T)の開催予定

収蔵品展

北斎づくし 富士から漫画まで

20

2019.12.20(F)の開催予定

収蔵品展

北斎づくし 富士から漫画まで

21

2019.12.21(S)の開催予定

収蔵品展

北斎づくし 富士から漫画まで

22

2019.12.22(S)の開催予定

収蔵品展

北斎づくし 富士から漫画まで

23 24

2019.12.24(T)の開催予定

収蔵品展

北斎づくし 富士から漫画まで

25

2019.12.25(W)の開催予定

収蔵品展

北斎づくし 富士から漫画まで

26

2019.12.26(T)の開催予定

収蔵品展

北斎づくし 富士から漫画まで

27

2019.12.27(F)の開催予定

収蔵品展

北斎づくし 富士から漫画まで

28
29 30 31     
  • 本日
  • 開館日
  • 休館日

日付クリックで展示情報を表示します

facebook

Facebookで
山形美術館
みる

山形美術館

第44回 山形県総合書道展

山形県総合書道展は県内最大級の書道の公募展です。
漢字、かな、調和体、近代詩文、少字数、刻字、篆刻(てんこく)の7部門に例年一般公募と会友・役員を含めて700点近い応募作品が寄せられています。

今年の審査員は下記の10氏が務めます。

鈴木千岳(日展会友、県書道連盟顧問)青柳祥雲(日展会友、県書道連盟会長)
大越松峰(日展会友、県書道連盟常任理事)植松龍祥(日展会員、県書道連盟副会長)
髙橋嶔崖(県総合書道会総務、県書道連盟理事)加藤竹水(県総合書道会理事、県書道連盟理事)
渡部梅祥(県総合書道会理事、県書道連盟常任理事)菊池峰月(県総合書道会理事、県書道連盟理事)
水戸盛雄(県総合書道会理事、謙慎書道会理事)遠藤春蘭(県総合書道会理事、県書道連盟理事)

厳選な審査を経て入選、褒状、入賞を決定し、当該作品を山形美術館会場に展示いたします。
なお、入賞・入選者は21日付山形新聞紙上で発表します。
授賞式は9月29日(日)午前11時から山形グランドホテルにて行います。

第44回山形県書道展公募規定要項(PDF)
(出品票をご希望の方はお近くの表具店か下記までご連絡下さい)

会期 2019/09/21(土)-2019/09/29(日)
休館日 9月24日(火)
開館時間 午前10:00〜午後5:00 (入館は午後4:30まで)*最終日は午後3時で終了
入館料 一般 600円、高大生 300円、小中生 200円
20名以上の団体は各2割引、土曜日は中学生以下無料、
障がい者とその付添者1名は各半額、キャンパスメンバーズ制度登録校の学生は無料
主催 山形県総合書道連盟、山形新聞・山形放送、山形美術館
共催 山形県、公益財団法人山形県生涯学習文化財団、山形県書道連盟
後援 山形県教育委員会、山形市、山形市教育委員会、山形県芸術文化協会
問合先 山形美術館 023(622)3090

※  審査員 大越松峰先生、菊池峰月先生によるギャラリートークを開催します
日時:9月22日(日) 午後2時より 菊池峰月先生
:9月28日(土) 午後2時より 大越松峰先生
内容:受賞作を中心に主な作品についての解説

beyond2020プログラムは、多様性や国際性に配慮した 文化活動・事業を政府が認証し、日本文化の魅力を 国内外に発信する取組です。
山形県はこの取組を応援しています。
*上記バナーをクリックすると同プログラムのページが開きます(外部リンク)。