Japanese / English / Chinese (中文繁體) / Korean

カレンダー

2017年9月
S M T W T F S
      1 2

2017.9.2(S)の開催予定

企画展

第72回山形県総合美術展

3

2017.9.3(S)の開催予定

企画展

第72回山形県総合美術展

4

2017.9.4(M)の開催予定

企画展

第72回山形県総合美術展

5

2017.9.5(T)の開催予定

企画展

第72回山形県総合美術展

6

2017.9.6(W)の開催予定

企画展

第72回山形県総合美術展

7

2017.9.7(T)の開催予定

企画展

第72回山形県総合美術展

8

2017.9.8(F)の開催予定

企画展

第72回山形県総合美術展

9

2017.9.9(S)の開催予定

企画展

第72回山形県総合美術展

10

2017.9.10(S)の開催予定

企画展

第72回山形県総合美術展

11 12

2017.9.12(T)の開催予定

企画展

第72回山形県総合美術展

13

2017.9.13(W)の開催予定

企画展

第72回山形県総合美術展

14

2017.9.14(T)の開催予定

企画展

第72回山形県総合美術展

15

2017.9.15(F)の開催予定

企画展

第72回山形県総合美術展

16

2017.9.16(S)の開催予定

企画展

第72回山形県総合美術展

17

2017.9.17(S)の開催予定

企画展

第72回山形県総合美術展

18

2017.9.18(M)の開催予定

企画展

第72回山形県総合美術展

19 20 21 22 23

2017.9.23(S)の開催予定

企画展

第42回山形県総合書道展

24

2017.9.24(S)の開催予定

企画展

第42回山形県総合書道展

25 26

2017.9.26(T)の開催予定

企画展

第42回山形県総合書道展

27

2017.9.27(W)の開催予定

企画展

第42回山形県総合書道展

28

2017.9.28(T)の開催予定

企画展

第42回山形県総合書道展

29

2017.9.29(F)の開催予定

企画展

第42回山形県総合書道展

30

2017.9.30(S)の開催予定

企画展

第42回山形県総合書道展

  • 本日
  • 開館日
  • 休館日

facebook

Facebookで
山形美術館
みる

山形美術館
日本の現代アートがここにある! 高橋コレクション・マインドフルネス2017

開催概要

展示作品等

山形新聞・山形放送8大事業
日本の現代アートがここにある! 高橋コレクション・マインドフルネス2017
平成29年度 文化庁 文化芸術創造活用プラットフォーム形成事業
[認証]beyond 2020 プログラム

展覧会チラシダウンロード (1.1MB)

鶴岡市生まれの精神科医高橋龍太郎氏は、1997年頃から本格的に現代美術作品の収集を開始した。1990年代以降の日本の現代美術を俯瞰できるコレクションとして、これまで国内外で展覧会が開催され、その重要さが認識されている。収集は現在も続けられ、その数は2500点を超える膨大なものとなっている。
本展では、高橋コレクションの原点である草間彌生にはじまり、1980年代から2010年代を代表する辰野登恵子、畠山直哉、奈良美智、村上隆、会田誠、山口晃、鴻池朋子、加藤泉、そして宮島達男、中山ダイスケ、三瀬夏之介、近藤亜樹、高松和樹、梅津庸一ら東北芸術工科大学および山形にゆかりのある若手作家まで、日本の現代美術の多様な展開を紹介する。
「マインドフルネス」という言葉は、「現実をあるがままに受け入れる、気づき」という意味である。そこには、東日本大震災を経験したわれわれこそ、アートに対する根源的な問いかけが必要である、との高橋龍太郎氏の強い願いが込められている。時代の心を映し出す高橋コレクションを通じ、日本の現代美術の醍醐味を鑑賞する機会とする。

【出品作家】
会田誠、青山悟、池田光弘、梅津庸一、岡﨑乾二郎、岡村桂三郎、小沢剛、小谷元彦、加藤泉、草間彌生、鴻池朋子、五木田智央、小林正人、近藤亜樹、坂本夏子、高松和樹、田口和奈、辰野登恵子、千葉正也、Chim↑Pom、チームラボ、照屋勇賢、中村一美、中山ダイスケ、奈良美智、名和晃平、蜷川実花、橋爪彩、畠山直哉、町田久美、三瀬夏之介、宮島達男、村上隆、村山留里子、毛利悠子、山口晃

会期 2017/7/22 (土) 〜8/27 (日) [32日間]
開館時間 午前10時〜午後5時 (入館は午後4時半まで)
休館日 毎週月曜日 (7/24、7/31、8/7、8/14、8/21)
入場料 一般 1,000 (800) 円、高大生 800 (600) 円、小中生 500 (300) 円、
( )内は前売り料金。20名以上の団体は各2割引。土曜日は小中学生無料。
障害者割引、優待カード有効
主催 山形新聞、山形放送、山形美術館、山形県
共催 公益財団法人山形県生涯学習文化財団
後援 山形県教育委員会、山形市、山形市教育委員会、山形県芸術文化協会、山形市芸術文化協会、東北芸術工科大学
特別協力 高橋龍太郎、高橋コレクション、医療法人こころの会
企画協力 内田真由美、児島やよい/エヌ・アンド・エー株式会社
お問合せ 株式会社山形新聞社広告局事業部
〒990-8550 山形県山形市旅篭町2-5-12 山形メディアタワー Tel.023-642-7955
公益財団法人山形美術館
〒990-0046 山形県山形市大手町1-63 Tel.023-622-3090 Fax.023-622-3145

関連イベント

イベント

【オープニング記念トーク】

高橋龍太郎氏×近藤亜樹氏(出品作家)
2017年7月22日(土)13:30〜 展示室 (申込不要)

イベント

【オープニング記念トーク】

根岸吉太郎氏(東北芸術工科大学学長)×近藤亜樹氏(出品作家)
2017年7月22日(土)15:00〜 3階ホール (100席、申込不要)

イベント

【アーティスト・トーク】

中山ダイスケ氏、三瀬夏之介氏
2017年8月4日(金)13:30〜 展示室 (申込不要)

イベント

【ワークショップ】 定員に達しました!!

キッズ・アーティスト・プロジェクト「ゆめの世界を旅しよう!」
透明シートに絵を描き、自分の写真と組み合わせて不思議な世界を作ろう。
協力:東北芸術工科大学 総合美術コース 松村泰三研究室
2017年8月6日(日)13:30〜 対象:小学生25名 (事前申込)
※参加ご希望の場合、メールか電話で山形美術館までお申し込みください。
ワークショップへの参加は無料となりますが、展覧会をご覧いただく場合は別途入館料が必要です。

イベント

【特別対談】

三瀬夏之介氏×梅津庸一氏「東北画とパープルーム ─構想画について─」補講
進行:黒瀬陽平氏(美術家・美術批評家)
山形で「東北画は可能か?」の活動を率いる三瀬夏之介氏、神奈川で私塾「パープルーム予備校」を拠点に、日本の近代洋画を問い直す活動を続ける梅津庸一氏、さらに美術家・美術批評家でカオス*ラウンジ代表の黒瀬陽平氏を進行に迎え、集団での活動と作家の表現について議論を深めます。
2017年8月12日(土)14:00〜16:00 3階ホール (100席、申込不要)

イベント

【山美副館長のイチ押しトーク】

2017年7月27(木)、8月3日(木)、8月10日(木)、8月17日(木)10:05〜約15分 (申込不要)

※いずれも展覧会入場券が必要

※ワークショップの申込先
山形美術館 〒990-0046 山形県山形市大手町1-63
Tel.023-622-3090 Fax.023-622-3145 Email. info@yamagata-art-museum.or.jp